updated:2016.01.06

【触楽入門こぼれ話】第3回 「テクタイルツールキットの発明・前夜」

テクタイルをご存知の方は、お馴染みの、テクタイルツールキット。この装置は触感を記録し、伝達、共有することができる技術です。触感のバーチャルリアリティ技術と呼んでもよいかもしれません。過去に工学者が開発してきた触覚ディスプレイとの違いは、「前提知識がなくても誰でも使えること」。これが設計指針であり、そして設計要件でもありました。

テクタイルツールキットが生まれて初めて、その形を見せ始めたのは、2011年3月31日のことでした。この日は、山口情報芸術センター(YCAM)のInterLabの所属であった三原と大脇さんを横浜・日吉に迎え、初めてのYCAM InterLab 2.0 “TECHTILE”のキックオフ・ミーティング当日だったと記憶しています。
この日は初めての全体MTGとあって、全員がやや緊張の面持ちのまま長いアジェンダを淡々と進めていました。ところが、南澤がその時に見せた装置が出るやいなや、そこにいた全員が興奮してしまい、その後の議題をすっかり忘れてしまう顛末でした。

触楽入門 5章「実在感を作り出す」の中より当時の様子を引用します。
『何の気なしに、研究室に転がっていたビー玉を拾い、マイクロフォンの付いた紙コップに入れてみました。すると、振動子の付いた紙コップを持っていた共同執筆者の三原が歓声を上げたのです。』

研究を長くしていると、こういった夢の様な瞬間が訪れるのだなと、研究者冥利に尽きた一夜でした。
その時の様子は、ぜひ本編でお読みください!
(つづく)

[2016/1/15発売]【触楽入門】(朝日出版社)
http://www.amazon.co.jp/dp/4255009058

updated:2016.01.05

【触楽入門こぼれ話】第2回 「文字の森、書籍の海」

前回では、朝日出版社・第二編集部の赤井茂樹さんと鈴木久仁子さんに多くの文献を提案いただいた話をしました。このことは個人的には嬉しかったのですが、途方に暮れる気持ちもまた強かったと回想します。とはいえ、ぼーっとしていても時間だけは過ぎてゆくので、通勤の時間を使いながら、各々が朝日出版社よりいただいた参考書のリストの本を上からぽつぽつと読み始めました。
しかし・・・よくわからない。

大森荘蔵『大森荘蔵セレクション』、野矢茂樹『心と他者』を読んで、キーワードらしきものを拾う。しかし、同じ日本語を読んでいるとは思えない、この不可解さ。読み終えた後の、自分の言葉で言い換えることができなくて、何も理解できていないような空をつかむ感覚。受験の頃に現代文はもう少し得意だったはず・・・と気をとりなおしても、仕事の帰り道に読むには、意欲よりも眠気のほうが勝っていました。
少し読みやすい『音を視る、時を聴く哲学講義』(大森荘蔵、 坂本龍一)を読めば、これは日本語がわかるぞ、と嬉々とする一方、いつの間にか煙に巻かれたようなこの感覚。どういう言葉を使ったら、触感を言葉にできるのだろう?触感は言葉で表現するのは難しい、とアタリマエのことを言うべきなのか?そのとき唯一わかっていたは、「自分があんまりよくわかっていないことはわかった。」そんな感覚だったのを覚えています。

その折に、編集部の鈴木さんに送っていただいたのが、『心脳問題―「脳の世紀」を生き抜く』(山本 貴光さんと吉川浩満さんの共著)でした。
http://www.amazon.co.jp/dp/4255002770
この本は、僕のように哲学という学問にほとんど縁がない初学者にとって、知覚論の入り口へガイドしてくれる本にもなっていました。触感の質感(クオリア)、触感を共有する、とうことをキーワードに考えていたところに、これまでの哲学の文脈で主観的な体験である知覚が、どのようにして論じられてきたのかを明快な筆致で示された本でした。この本も朝日出版社。一体、どれだけの本を読んだら、これだけの文章を確立できるのだろう。こういうことが触感でも書けたらいいな。でもどうやって?


今回出版する『触楽入門』ですが、当時のタイトルは、「触感から見た世界」というタイトルでした。環世界という概念を提案した名著、ユクスキュルとクリサートらによる『生物から見た世界』にも似た題名です。
http://www.amazon.co.jp/dp/4003394313
その頃のやり取りの中で交わした、三原の言葉を以下に引用します。

『表題の仮タイトル、僕の好きなユクスキュル/生物から見た世界を思い出しました。触覚、触感を意識化する事でしか、体験出来ない世界があるというニュアンスを感じました。』

また、こんなことも当時のメールの中に書き残されていました。
『世界が変わって感じられる(筧曰く、世界は変わらないが自分が変わる)本にできるよう思索したいです。』

このような強がりを言いながら(そして、強がっていたことを赤井さんと鈴木さんのお二人は見破っていたに違いない 苦笑)、肝心の著者四名はレファレンスとなるか確信を持てない書籍を読み漁り、文字の森に迷い込んでいる最中にありました。このような感じで、波止場の見えない触楽入門のブックプロジェクトは、漕いでも漕いでも進まない、本の海に投げ出されていたのです。
(つづく)

[2016/1/15発売]【触楽入門】(朝日出版社)
http://www.amazon.co.jp/dp/4255009058

updated:2016.01.04

[2016/1/15発売]【触楽入門こぼれ話】第1回:初回お打ち合わせ@朝日出版社

発売を2週間前に控えた、触楽入門(朝日出版社)。
このシリーズでは、毎日、執筆中にあったこぼれ話を毎日、発売日までお届けしてゆきたいと思います。

初回の今日は、出版の舞台となった、朝日出版社についてお話したいと思います。朝日出版社は、九段下にあり、語学書から始まり、『エピステーメー』のような思想書、最近では、池谷裕二さんの『進化しすぎた脳』『単純な脳、複雑な「私」』などを編集・出版した会社として知られています。私個人としては、加藤陽子さんの『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』がとても印象的でした(この本は2010年に小林秀雄賞を受賞されています)。宮沢りえ『Santa Fe』も朝日出版社からの刊行なので、こちらのほうがなじみのある方もいらっしゃるかもしれません。
http://www.asahipress.com/

僕たちが出版の企画を持って行ったのは、前著『触感をつくる: 《テクタイル》という考え方』(岩波科学ライブラリー)が発売されたばかりの2011年12月13日。冬特有のくもり空の九段下に趣き、今回の著者である筧、三原、南澤そして仲谷で第二編集部にうかがいました。

そこで面会したのは、傳田光洋さんの著書『第三の脳』のご担当をされていた鈴木久仁子さん、そして赤井茂樹さんでした。
(赤井茂樹さんと糸井重里さんとの対談記事:https://www.1101.com/HB/news2001-10-04.html

「今、テクタイルの活動をどんどん広げていて、岩波書店から出版された次の本を準備しています。その本の出版していただける会社を探しております。」と単当直入に用件をお話しました。

その時に、赤井さんはゆっくりとタバコの煙をくゆらせながら、読むべき著者として挙げていただいたのが(敬称略)、

大森荘蔵、野矢茂樹、永井均、下條信輔、佐々木正人、保坂和志、熊谷晋一郎、川口有美子、三木成夫...

といった、そうそうたる哲学者、文筆家、研究者の本でした。

僕は背中に大汗をかきながら、「下條さんと佐々木さんしか読んだことがない・・・しかも一部・・・」と思っていました。

なお前日の朝日出版社ご訪問の確認メールで赤井さんからご提案いただいていた本が、

永井均『倫理とは何か──猫のアインジヒトの挑戦』(ちくま学芸文庫)
http://www.amazon.co.jp/dp/4480093435

でした。その時から、予兆はあったのです。

どうやってこれらの本や分野、特に哲学と触感と連関を作ればいいのだろう?僕たちは、文字通り、途方にくれていました。

この朝日出版社の会議室から、僕たちの「触楽入門」ブックプロジェクトは始まったのでした。

そして僕たちは、この本の執筆に4年以上の時間が必要になることに気づいていなかったのです。(つづく)

[2016/1/15発売]【触楽入門】(朝日出版社)
http://www.amazon.co.jp/dp/4255009058

updated:2013.07.08

テクタイルツールキットの作成方法を公開しました

2013年3月に開催した、「YCAM InterLab Camp vol.2 「TECHTILE」集中ワークショップ」のリーフレットを公開しました。
本文にはテクタイルツールキットの作成方法について記述しました。2011年4月からの2年間の活動記録としてもご覧いただけます。

リーフレットへのリンク

また、当日の模様については、すでに公開されているレポートをご覧ください。

引き続き、テクタイルをどうぞよろしくお願いいたします。

TECHTILE_YCAM_Workshop2013_Leaflet

updated:2013.05.08

2013年度 多摩美・永原先生の授業にてテクタイルを取り上げています。

多摩美・永原先生の授業で、テクタイルを取り上げた授業(1ヶ月)が今年度も始まりました。筧と小原が参加しています。様子がflickerにupされています。

Lecture at Tamabi 2013

Lecture at Tamabi 2013

updated:2013.04.30

テクタイルの試みが東京新聞4/30に取り上げられました

テクタイルの活動が「<育てよう!科学魂>触覚の世界を体感する」として取り上げられました。
記事は東京新聞TOKYO Webからご覧いただけます。科学コミュニケーター・長倉克枝さま、ありがとうございました!

updated:2013.03.18

YCAM「TECHTILE」集中ワークショップ webレポート記事が掲載されました。

ウェブサイト PC Watchの中の特集コーナー『森山和道の「ヒトと機械の境界面」の境界面」』の中で、YCAM「TECHTILE」集中ワークショップレポートが掲載されました。森山さま、ありがとうございました。ぜひご覧ください。

updated:2012.12.04

筧 康明、インタヴュー記事公開

テクタイルメンバーである、筧 康明の取材記事が「読売ADリポート ojo」にて公開されました。
紙の触感について、実例も含めて語られています。

【「触感」で拡がる可能性 】紙の「触感」を活かしたインターフェースの構築
読売ADリポート ojo|2012.12.3/2012年12月・2013年1月号

updated:2012.10.01

2012/10/1 グッドデザイン賞受賞

テクタイルの活動が2012年度のグッドデザイン賞を受賞いたしました。
ご支援ありがとうございました。

講評はこちらでご覧いただけます。


今年新設されたグッドデザイン・ベスト100に選ばれたため、
2012年11月23日(金/祝)ー11月25日(日)に行われます
GOOD DESIGN EXHIBITION 2012に出展しました。

また、プロジェクト発起人の筧がプレゼンした動画もアップされています。

updated:2012.07.13

Gesture Follower(Max/MSP modules)

The gesture followerはリアルタイムジェスチャー認識の為のmax/mspモジュールでIRCAMで開発されたものです。これはmax/msp上で様々なデータ形式を共有する為のライブラリFTM内のMnMツールキットに統合されています。根幹のアイデアは事前に記録されたデータとリアルタイムの運動データの差異を取得する事にあります。

詳細とダウンロードは ここで!